2005年09月18日

ソプラノに酔う☆@

今日はお休み〜♪

なのでCDを聴きまくっていまするんるん
さて、今日はソプラノ歌手のことについて書きます〜(^^)/

ソプラノと一口に言っても
色々な声の種類があります。

簡単に言うとその声質(強さ、高さ)によって呼び名が変わるのです。
そんな中で今日書くのは
ご存知の方も多いであろうソプラノ歌手、
マリア・カラスです☆

彼女の声はリリコ・スピント
です。
リリコ・スピントとは、

オペラで使われる声部の呼び名の1つです。

まず、皆様は『オペラ』バーというと、あの太くて立派な声を想像しますか?

たとえばアイーダやトスカ、蝶々さん、レオノーラ(オペラ「運命の力」)。

立派で輝かしい声。コレは リリコ・スピントという声質になります。
プッチーニやヴェルディのオペラでの主人公級の女性に多いです。

マリア・カラスは音域が広いので更にはコロラトゥーラやメゾソプラノの
名曲までも歌いこなしますが、やはり声はリリコ・スピントですね♪

今日ちさは、そのマリア・カラスが歌った愛のアリア(や二重唱)を
集めたCDを聴いています。
『ロマンティックカラス』



私生活でもぴかぴか(新しい)恋多き女性ぴかぴか(新しい)だったというマリア・カラス。

そんな彼女の歌う歌は本当に

ロマンティックで、
情熱的で、
時には可憐・・。


同じソプラノの端くれとして、とても憧れます・・・。

特にこの中でもお気に入りが・・
慕わしい人の名は
(ヴェルディのオペラ「リゴレット」のジルダが歌うアリアです。
溜息がそのまま音形になって歌になっている・・・そんな素敵な曲です☆)

あぁ・・・・
うっとりハートたち(複数ハート)と、マリア・カラスを聴きながら

豆乳入りコーヒーを飲むちさでした・・・・。
ん!豆乳も美味しい・・・(って関係ないか・・・)


posted by ちさ☆ at 14:50| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 音楽の事♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリア・カラス・・・名前だけは聞いたことありますね^^;ふむふむ・・・。

豆乳かぁ、なんとなくノドに優しそうなイメージですね。

今度ソプラノのちささんの声も聞いてみたいなっと♪(^^)
Posted by たあ坊 at 2005年09月18日 21:22
早速、遊びに来ました!!

マリアカラスですか!!
名前だけは知ってます!!

僕もちょっと、聞いてみようかなぁ。。。

正直、ちさサンのブログみて、
少し興味がでているノリでした。。。
Posted by ノリ at 2005年09月18日 22:32
はじめまして、sumito96と申します!
ソプラノ、メゾ、アルトといった分類だけではないんですね…知りませんでした(汗)
最近はナタリー・デセイのR・シュトラウスアルバムばかり聴いてます。
本人、オケともに力のこもった演奏なのでおすすめです ̄O ̄)ノ
Posted by sumito96 at 2005年09月18日 23:27
たあ坊さんへ>マリアカラスは映画にもなりましたしね〜。
「永遠のマリアカラス」ってね♪
豆乳はノドにいいのかな〜?でも女性にはとっても優しいということなので最近は飲んでいます☆

ちさの声ですか?・・・ん〜。キンキンしてますよ〜。とほほ・・音痴だし・・・。
Posted by ちさ☆ at 2005年09月18日 23:50
ノリ君へ>是非聴いてみてね〜♪なんでこんなに幅広く歌えるんだ!!!って思えちゃいます。

しかも色っぽいし・・・。ちょっとクドイと感じるところもあるけれど、あの表現力や声量は流石です・・・。

まぁ☆嬉しいことを言ってくださってありがとう♪そんな風に興味を持ってもらえると嬉しいです。これからも頑張って発信して行きま〜す♪
Posted by ちさ☆ at 2005年09月18日 23:52
sumito96さんへ>コメントありがとうございます☆そうなんですよ〜。

オペラの役に合わせてこれから少しずつ紹介して行こうとは思うのですが、ソプラノにもいくつかの種類があります。メッツォ・ソプラノにも種類があります〜☆

ナタリーデッセイ!ちさも好きです(><)
彼女の声は・・そうですねいわゆるコロラトゥーラ・ソプラノで、「レッジェーロ」と呼ばれる声質ですね〜。(ちさ自身もどちらかといえばこの声に属すのですが・・。)あの正確さ、そして輝く声に憧れてしまいます・・。


Posted by ちさ☆ at 2005年09月19日 00:01
うわぁ、すっごい勉強になりますっ。
背筋が伸びちゃいます。笑。
私は、副科だったので、
専ら、イタリア歌曲、日本歌曲・・・みたいな。笑!

コロラトゥーラは、耳にしたことがあるのですが、
お恥ずかしながら、リリコ・スピントは、
初めて聞きました!
立派で輝かしい声かぁ〜。
メモメモ!
Posted by 菩提樹 at 2005年09月19日 00:34
そうですよね!ちさもピアノの話になると・・
今度は副科だから・・・ソナタとかで精一杯でしたもの・・。

リリコ・スピントと更に強い声でドラマティコや中音域から高音域までムラがない声で一般的なソプラノの声をリリコというのもあるのですが、
この辺が結構曖昧?!です。

なので、オペラの役にそって想像していただくのが一番いいかな〜。
おいおい紹介していきたいな☆とは思っています・・・。
Posted by ちさ☆ at 2005年09月19日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7053454

この記事へのトラックバック

The Dream 真夏の夜の夢
Excerpt: 劇音楽でも有名なシェイクスピアとメンデルスゾーンが織り成す幻想的な2004年の舞台です.美術や照明が非常に美しくアンソニー ダウエルの舞台演出や洗練された色彩の衣裳など(イーサンの葉っぱの衣裳は繊細で..
Weblog:
Tracked: 2007-10-23 13:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。