2005年09月28日

小犬のワルツ☆

ショパン作曲の中でもとりわけ有名な1曲と言えば
この小犬のワルツるんるん

この曲はショパンが恋人「サンド」が飼っていた犬が
自分の尻尾にじゃれついて遊んでいたところを描いたと言われています。
(よくそうやって犬は自分の尻尾であそびますよね!!くるくるっとぴかぴか(新しい)

とにかくクルクル回るような曲です。
音は結構簡単なので、弾きやすいのですが・・・
コレが速さと軽やかさが必要で難しい。

あまりにもキチキチ弾きすぎると・・
何だか小犬ではなくなってします・・・

元気がない時にはちょっとだけ元気になれるように・・・。
ちさは小犬のワルツを弾きます。

たらーっ(汗)でも、最近は練習していないので、指が動かない・・・・たらーっ(汗)





posted by ちさ☆ at 22:11| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽の事♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

とりわけ有名な1曲・・・だと思うんですが、相変わらず、曲と名前が一致しておりません・・・^^;ごめんちゃい(><)

聞けばきっとわかるんだ・・・。聞けば・・・。

うーん・・・なんだか最近、ピアノが弾きたくなってきましたよ・・・。でも難しいんだろ〜な〜・・・。
Posted by たあ坊 at 2005年09月29日 01:57
うわぁ〜。。。
「子犬のワルツ」ですかっっ!
弾けるなんて羨ましい〜。。。。。。。。。。

私 いま弾けと言われたら「エリーゼのために」と「クシコスポスト」しか弾けません。しかも たどたどしく。・・・・暗譜も出来ていないと思います…

軽く〜かろやかに〜。。の指使いが下手で下手で!(涙)「子犬のワルツ」なんて夢の曲でしたっ!

かろやかなイメージのちさ☆さんにぴったりねっ♪
(・・また勝手にイメージしているし(笑))
Posted by さぼ at 2005年09月30日 09:22
あはは☆聴けば絶対知ってますよ〜。

ピアノは上手く弾くのは難しいかもしれませんが、自分の弾きたい曲を一曲頑張って練習する!!って言うオトナの方が結構いますよ☆

是非TRYしてみては?楽しいですよ☆それと・・・・ボケ防止にいいらしいです(笑)
Posted by ちさ☆ at 2005年10月01日 19:38
さぼさんへ>いえいえ・・・弾けると言っても・・・ホントにタドタド・・・。

暗譜も怪しいです(^^;
ショパンのワルツは3曲しか弾けないし・・・(全然だめじゃん・・・)エリーゼのためにはいい曲ですよね!うん。
ピアノを初めて最初の目標は「エリーゼのためにを弾くまで絶対辞めない!!!!」だったのを思い出しました・・・。

わお☆軽やかなイメージだなんて!!!
実際はドタドタしてます・・・恥ずかしい(^^;
Posted by ちさ☆ at 2005年10月01日 19:40
ちさ☆さん、こんばんわ。

>何だか小犬ではなくなってします・・・
この表現、おもしろいわぁ!!!
笑ったよ。

この曲は、私も好きでよく弾きますが、
思い出し笑いしないようにしますっ。笑!



Posted by 菩提樹 at 2005年10月02日 01:25
菩提樹さんへ>あは☆そうなんですよ・・あんまりキッチリ弾くと警察犬のワルツというか、ドーベルマンのワルツというか(コラコラ)

って・・・ふふ。弾いている時に是非思い出して笑ってくださいよ〜。あ!でも生徒の前ではダメですよ〜(笑)
Posted by ちさ☆ at 2005年10月03日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。